待機部屋の設備も重要


デリヘルはラブホテルでプレイを行いますので、指名を待つ女性はお店の用意した待機部屋で待機をしなければなりません。そのため、待機部屋で過ごす時間は非常に長いので、待機部屋の環境は非常に重要なポイントなのです。

これまでの待機部屋は集団待機と呼ばれるスタイルが多く、広い部屋で出勤している女性の全員が待機をしていました。しかし、集団待機はほかの女性に気を遣わなければなりません。派閥などが生まれることもあります。そのため、中には馴染めない女性も多く、集団待機が苦手でデリヘルを辞めてしまう女性もいたのです。

そういった流れもあり、近年では個室待機と呼ばれるスタイルが主流となっています。個室待機とはひとりひとりに個室が用意されており、その中で待機をすることが出来るというものです。こういった個室はカーテンやパーティションで仕切られたスペースになっており、ネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。ブース内にはテレビなどが置かれているので時間を潰すことが出来ます。もちろん、待機時間はほかの女性に迷惑をかけなければ何をしても良いので、仮眠をとる女性も珍しくありません。デリヘルは体力勝負な部分もあります。なので、仮眠をとることは非常に重要なのです。