待機部屋の喫煙について


現在は健康志向が高まっていることから世界的に喫煙者は減少傾向にありますが、それでも喫煙者はいるものです。そのため、デリヘルで働く女性も喫煙について考えなければなりません。かつての集団待機では分煙がされておらず、待機部屋でも煙が充満することがありました。

しかし、近年は個室待機が増加しており、喫煙可能なブースと禁煙ブースが分けられています。また、ブースはすべて禁煙で、ベランダなどに喫煙所を設ける待機部屋も少なくありません。そのため、喫煙者は周囲に気を遣いながらタバコを吸わずに済みますし、タバコが苦手な女性も煙を気にする必要が無いのです。

また、喫煙をする女性はお客さんに会う前に必ずニオイ対策をしましょう。中にはタバコが苦手なお客さんもいるのです。そのため、待機部屋を出る前にマウスウォッシュでうがいをして、服には消臭スプレーをするようにしましょう。そして、ラブホテルに到着してお客さんが喫煙者だったとしても勝手にタバコを吸ってはいけません。タバコは必ずお客さんに許可をもらってから吸うようにしましょう。デリヘルも接客業のひとつであることから、そういった部分でお客さんに気を遣わなければならないのです。

参考サイト…熟女家十三店 – 風俗求人サイト

待機部屋の設備も重要


デリヘルはラブホテルでプレイを行いますので、指名を待つ女性はお店の用意した待機部屋で待機をしなければなりません。そのため、待機部屋で過ごす時間は非常に長いので、待機部屋の環境は非常に重要なポイントなのです。

これまでの待機部屋は集団待機と呼ばれるスタイルが多く、広い部屋で出勤している女性の全員が待機をしていました。しかし、集団待機はほかの女性に気を遣わなければなりません。派閥などが生まれることもあります。そのため、中には馴染めない女性も多く、集団待機が苦手でデリヘルを辞めてしまう女性もいたのです。

そういった流れもあり、近年では個室待機と呼ばれるスタイルが主流となっています。個室待機とはひとりひとりに個室が用意されており、その中で待機をすることが出来るというものです。こういった個室はカーテンやパーティションで仕切られたスペースになっており、ネットカフェのブースを想像すると良いでしょう。ブース内にはテレビなどが置かれているので時間を潰すことが出来ます。もちろん、待機時間はほかの女性に迷惑をかけなければ何をしても良いので、仮眠をとる女性も珍しくありません。デリヘルは体力勝負な部分もあります。なので、仮眠をとることは非常に重要なのです。

ロッカーがあれば安心


デリヘルとは店舗型ヘルスと異なりプレイルームがありませんので、プレイはラブホテルで行います。そのため、女性もラブホテルへ移動しなければならないため、私物を待機部屋に置いたままにすることは珍しくありません。もちろん、財布やスマートフォンなどは普段から持ち歩くものであるから問題ありませんが、それ以外の荷物が重要なのです。

例えば、普段大学に通っている女性であれば大学のレポートなどがあるでしょう。一般企業で働く女性であれば会社の資料などを持ち歩くこともあります。そういった荷物が万が一盗難に遭ってしまうとなると非常に厄介です。ですが、鍵付きロッカーを完備した待機部屋であれば安心して荷物を預けることができます。盗難事件が起きてしまった時も、犯人に疑われる心配もありません。また、鍵付きロッカーに入れることで自分の荷物を間違えて持って行かれるといった些細なトラブルも避けることができます。

ですから、面接の段階で必ず鍵付きロッカーを完備しているか確認することは非常に大事です。最近は風俗求人サイトから応募することが一般的ですが、鍵付きロッカー完備の風俗求人だけを絞り込み検索でピックアップすることも出来ますので、そういった機能を利用しましょう。また、鍵付きロッカーが無かったとしてもスタッフが預かってくれる場合もあります。

風俗求人で注意すべき点


デリヘルの風俗求人を探している際に、セキュリティ面や、プライバシーの保護の部分を気にしている人は多いのではないでしょうか。デリヘルは、働いている女性同士でも本名も知らずに、素性を明かさないで働くということも多いです。逆に言えばプライバシーをお互いがしっかりと守る必要があるのです。

また、お客さんに対しても、住んでいる地域を明かすことはしません。働いている女性の魅力にトリコになってしまった男性は、デリヘル嬢に恋をしてしまうこともあるのです。また、それが発展するとストーカーにまでなる可能性もあります。そのために、デリヘル店の寮に関しては、オートロックが人気になっています。また、タクシー代が支給される制度や、お店のドライバーによる送迎サービスが女性から好評なのも、こういったプライバシー面での保護が重視されているからでしょう。

そして、鍵付きロッカーの存在も忘れてはいけません。女性がお客さんのもとへ派遣されている間、待機室に私物を置いていくのは気になるという方もとても多いです。特に、兼業でデリヘル嬢をしているという方は、お仕事帰りということもありますので、名刺や、書類など、ほかの人には見せられないものを持ち歩いていることもあります。

このサイトでは、デリヘルで働く際のポイントであるセキュリティ面、プライバシー面に関する紹介をしていきます。初めて働く方から、新しいお店を探している現役のデリヘル嬢まで幅広くご覧になっていただけるサイトとなっています。